お薬に頼らないおうちドッグケア<ショップサイト>

嫌いな家事はダントツでアレ!

ご訪問ありがとうございます。

神奈川県大磯町の内藤石けん教室です。

家事の中で洗濯が一番嫌いです。

洗濯機を回して、干して、取り込んで、たたんで、しまう。ものによってはアイロンがけまで。

とにかく時間が長い!工程が多い!

もちろん、洗濯機がのを見ている訳ではありませんが、止まった頃合いを見て干して、乾いたころに取り込んで、と1日中洗濯物が頭のどこかにないといけない。

急に雨が降った日はもう最悪です。

洗濯機を回していたことをすっかり忘れ、夕方に気づいてあ゛ぁ゛ーーーーっ💦ということが何度もあります。

洗濯、嫌い”(-“”-)”

ですが、廃油で洗濯石けんを作ってからは、多少(多少ですが)の楽しみができました。

ちゃんと汚れが落ちているか、洗いあがりはどうなのか。自作洗剤の効果で達成感を感じてます。

 

市販の洗剤は漂白剤が入っているので真っ白に洗いあがりますが、廃油石けんだけでは真っ白にはならないのが悩み。

洗濯における石けんの役割は、汚れを浮き立たせて落とすための界面活性剤

漂白剤の役割は、繊維に染みついた汚れの色素を脱色し衣類を白くする、除菌、消臭

ならば漂白剤を追加してアップグレードした洗濯石けんにしよう♪

漂白剤は塩素系と酸素系があります。

漂白剤特徴
塩素系漂白剤消毒効果が高いが、臭いがきつい。有機物に反応して有害な物質が生成されることがあるため、使用時には注意が必要。
酸素系漂白剤塩素系漂白剤と比べて、臭いが少なく、有機物に反応して有害な物質が生成されることがないため、比較的安全に使用できる。

ということで、色柄物にも使える酸素系漂白剤、過炭酸ナトリウムを購入。

過炭酸ナトリウム

廃油石けんと一緒に入れて洗濯しています。

もうひと手間かけて、過炭酸ナトリウムにつけ置きした後に廃油石けんで洗濯すると、効果的だそう。

Amazon価格で、3㎏:1739円です。1回15g使用で200回分。1回分8.6円。

市販の洗剤よりも経済的。

使った感想は、廃油石けんだけよりも白い洗い上がりになりました。

 

市販されている洗剤の成分を見ていると、たくさんの成分が入っています。ひとつひとつの成分を確認すると、目的がわかって面白いです。

そうやってどんどんいいものが開発されていく一方で、ナチュラルさからは遠ざかっていくんですね。ちょうどいい塩梅で手作りを楽しめたらいいなと思います。

家庭から出る廃油で石けんを手作りすると、ゴミがでません。廃油を資源にするだけでなく、洗剤買わなくて済むのでパッケージや容器が不要になります。

環境にもお財布にもエコですね。

苛性ソーダをお持ちの方は、廃油で固形石けんと軟石けんを作ってみませんか?

オンラインで学べます。

廃油で固形石けんと軟石けん