ドッグソープ(犬の石けん)をおすすめする理由

プロフィール

講師紹介

講師:内藤紀子(Noriko Naito)
パソコン教室、手作り石けん教室、ドッグケアのネットショップを運営しています。
オットとフレンチブルドッグ(ひゅう♂・よう♀)の2人と2匹家族。

スキル・資格

  • 1999年 マイクロソフト認定Microsoft Officlal Trainer(取得経験あり)
  • 2002年 マイクロソフト認定Microsoft Office Master
  • 2016年 一般社団法人ハンドメイド石けん協会認定ジュニアソーパー
  • 2016年 一般社団法人ハンドメイド石けん協会認定犬の石けんマイスター
  • 2018年 公益社団法人日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー
  • 2018年 ペット食育協会APNA認定ペット食育士1級
  • 2019年 一般社団法人ハンドメイド石けん協会認定犬のインストラクター
  • 2019年 公益社団法人日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター
  • 2020年 一般社団法人ハンドメイド石けん協会認定シニアソーパー

経歴

2001年~ パソコン教室開業

ソフト開発会社に7年間、派遣でパソコンインストラクターを3年勤めた後、大磯プリンスホテル内で少人数制のパソコン教室を開くことができました。
2007年からおうち教室に切り替え「マンツーマンでやりたいことだけ学べるパソコン教室」をコンセプトに現在に至ります。

2007年~ ひゅうのいる生活

自宅で仕事ができるようになったので、念願のわんこを迎えることにしました。
犬を飼うのは私もオットもはじめてで、やってきたフレンチブルドッグのひゅうは想像を超えるかわいさ♡「ひゅうのいる生活」ブログをはじめました。
食いしん坊で元気なひゅうですが、お腹と皮膚が弱いのが悩み。

2009年~ ひゅうの妹、ようを迎える

犬が大好きのひゅうですが、フレブル特有のパワーとしつこさに嫌われる日々。ひゅうに遊び相手が欲しい気持ちとこんなにかわいい子がもうひとりいたらどんなに楽しいだろうという気持ちで、フレンチブルドッグのようを迎えました。
すぐに仲良しになったひゅうよう。2歳になったひゅうは皮膚の痒みがますます悪化。

2009年~ ドッグフードから手作りごはんに

ひゅうにアレルギー検査を行ったところ、陽性の食材が「トウモロコシ」要注意の食材は「牛肉、鶏肉、羊、アヒル、卵白、小麦」。これをきっかけに手作りごはんをはじめました。参考にしたのは「かんたん犬ごはん」手作り食推奨の獣医師、須崎恭彦先生の著書です。
手作りごはんにしてから腸が整い、皮膚の状態も改善されてきました。初めの頃は陽性、擬陽性の食材は食べさせないようにしていましたが、アレルギー検査の結果はあまり意味がないと知りトウモロコシも牛肉も鶏肉もなんでも食べています。陽性、擬陽性の食材を食べて調子が悪くなったことはありません。

病院の治療+おうちケアが大切(1)
前回の続きです。ひゅう11歳にして、カイカイから解放されて約1年。病院にお世話になることもなく、ステロイドを使うこともなく、薬用シャンプーを使うこともなく、おうちケアだけで過ごせるようになりました。1歳になる前からカイカイで病院での治療はも
皮膚病ケアで失敗したこと(2)
続きです。前回のブログから、ひゅうの皮膚ケアで失敗したと感じていることを書いています。おさらいすると1.痒みがあるのに病院に行かず、おうちケアだけで治そうとすること2.病院の治療で痒みが治まった後に、おうちケアを何もしないこと3.掻かすのは
アレルギー検査はやらなくてもよかった(3)
23日でひゅう11歳3ヶ月、体重13kg。28日でよう9歳3ヶ月、体重8.8kg。やっとようの体重が8kg台に戻りました。くびれがしっかりとわかるようになった♡食べている量は変らないのに太るのは、シニアになって代謝が落ちてきたということ。こ

2015年~ 本気で痒みを治したい

手作りごはんで体質改善の手ごたえを感じていましたが季節で繰り返す最大の悩みは痒み。薬に頼らず本気で痒みを治したいと手作り食の著書で共感した須崎恭彦先生のセミナーに参加。「食事療法を中心に、体質改善・自然治癒力増強を目標とした薬に頼らない動物医療」を実践しています。

本気で痒みを治したい
ひゅうが8歳になり、たぶん生涯の半分以上を過ごしたことになる。ひゅうようは私達にとって宝物だし、とっても大切にしている。いつかひゅうようが旅立った時に後悔なんて何もないくらいかわいがっているけれどひゅうに対しては、痒みを治してあげられないこ

2015年~ 食事以外のアプローチで手作り石けんに注目

ペットの自然療法、ナチュラルドッグケア、アロマ等を独学で学び、犬のシャンプー剤に疑念を抱ききました。犬のシャンプー剤は雑貨扱いのため、使用成分は記載する必要がありません。天然素材を謳っていても石けん以外は自然界では存在しない「合成界面活性剤」であることを知り、植物由来の手作り石けんに興味を持つようになりました。

2016年~ 手作り石けん教室開業

はじめて作った石けんの洗浄力としっとり感、洗い続けることで肌が整っていく感じに魅了。石けんの起源は5000年前で条件が揃えば自然界で存在します。本来、生き物が持っている治癒力や免疫力を妨げない洗浄剤である石けんは人の肌にはもちろん、犬の被毛にも低刺激。ナチュラルな成分で洗う&保湿することでお薬に頼らないおうちケアができると実感。石けんは水で分解されるので環境にも優しく、肌に成分が残留することがありません。自分の肌に合ったオイルを選んで石けんを作る楽しさ、使い心地のすばらしさ、そして私と同じく愛犬の皮膚トラブルに悩む飼い主さんへ手作り石けんの良さを伝えたい思いで石けん教室を開業しました。

2018年~ ペット食育を学ぶ

手作りごはんを9年続けてお腹は絶好調、痒みはありませんが季節によって湿疹や脱毛することがあります。手作りごはんは、病院では推奨していない先生がほとんど。経験的に手作りごはんの良さは理解していますが、正しい知識を身に着けたいとペット食育を学びました。手作りごはんは一部の食材を除き、何でも食べて大丈夫、色々食べて健康に、手作りごはんも、ドッグフードも何でも食べられるのがいいと腑に落ちます。

2018年~ お薬に頼らないおうちドッグケア通販をはじめる

食べ物も皮膚のケアもナチュラルで無添加のものはいいと身をもって経験し、吟味した原料で化学成分無添加のドッグケア通販ショップをオープンしました。