廃油石けんの作り方

ご訪問ありがとうございます。

神奈川県大磯町の内藤石けん教室です。

廃油石けん、お掃除用に何度か作っています。

普段は新鮮でキレイなオイルを使っているので、廃油石けんを体や顔に使うのはとっても抵抗があるのですが、こちらの書籍を読んで廃油石けんならではのすごさも感じます。

肌にも環境にもやさしい手作り美肌石けん

初版が平成12年なので、現在の作り方のセオリーとは大きく異なるところも多々ありますが、もしかしたら今井龍弥先生(お医者様です)がペットボトルメイキングの元祖なのでは?

「キレイなオイルより廃油の方が肌によい」という化学的根拠もそっかぁ~。と納得できるもので、今回はボディ用で使ってみようと思います。

材料は、廃油、苛性ソーダ、水のみ。

石けんの材料

道具は、ペットボトル、水を入れるビーカー、スケール。写ってないけどじょうごがいります。

石けんの道具

材料をペットボトルに入れてとろんとろんになるまでフリフリ。

ペットボトルメイキング

型に入れます。意外とキレイな石けんタネになるんです。

型入れ後の石けん

1ヶ月後、ボディ用に試してみたいと思います。

実験って楽しい♡