古くなった精油の活用法

ご訪問ありがとうございます。

神奈川県大磯町のおうち教室、内藤石けん教室です。

 

精油って、消費期限があるんですよね。

柑橘系は開栓後6ヶ月、その他の精油は1年が目安になります。

期限が過ぎるとどうなるかというと、香りが変わったり成分に変化が起こるそうですが、うーん、実感として香りが薄くなった気もするけれど、そんな気もする程度です。

開けてはみたけれど生徒さんにあまり人気のない精油や、ビンに少しだけ残ってしまった精油は、お掃除で使うようにしています。

バケツに数滴たらして拭き掃除をすると、お掃除後にいい香りがして空気もキレイに感じます。

毎日は拭き掃除してませんけどね。。。

 

他に使い方ないかな。と調べていたら、柔軟剤を手作りできるということを知りました。

材料はクエン酸、グリセリン、水、精油と、なんと家にあるものばかり♡

(興味のある方は柔軟剤 手作りなどでググってみてください)

もちろん作りましたよ。

残り物の精油をブレンドした割には、とってもいい香り♡

香りはいいけど、これでふんわりするのかな?

結果、柔軟剤を使わない時よりはふんわり。市販の柔軟剤にくらべると、そこまでのふんわり感はありません。

精油の大量消費にはいいかも♡

今日もご訪問ありがとうございます。ぽちっといただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手づくり石けんへ