チンキ剤を作る

ご訪問ありがとうございます。

神奈川県大磯町のおうち教室、内藤石けん教室です。

ハーブをアルコールに浸して、チンキ剤を作りました。

今までハーブの石けんを作るときは、オイルで抽出していました。

オイルで抽出されるのは脂溶性成分のみですが、アルコールで抽出すると脂溶性成分、水溶性成分どちらも

抽出でき、アルコールの殺菌作用で1年の長期保存も可能とのこと。

soap

手前から、カレンデュラ、ローズヒップ&ハイビスカス、ローズマリーのチンキ剤。

確かに色が濃い~~~~~~~!成分が溶け出している感じがします。

チンキ剤とオイルを混ぜて、湯せんでアルコールを飛ばす方法をウル抽(ウルトラ抽出法)というそうです。

チンキ剤の作り方は、こちらを参考にしました。

soap1

お休みの日にウル抽石けん作ってみよう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください