1. トップ
  2. 石けんの材料と作り方

石けんの材料と作り方

コールドプロセス製法とは

石けんの原料は「オイル」「アルカリ」「水」です。
オイルとアルカリを合わせると、化学反応を起こして脂肪酸ナトリウム(石けん)とグリセリンができます。

教室で作る石けんは「植物油(オイル)」「苛性ソーダ(アルカリ)」「水」を原料にコールドプロセス製法で作る無添加石けんです。食用レベルの良質な植物油を使っているので、敏感肌の方や赤ちゃん、皮膚の弱いワンちゃんも優しく洗えます。

販売されている多くの石けんは、原料をぐらぐらと焚き込んで化学反応を活発にして作る焚き込み法で作られた石けんです。焚き込み法では、早く大量の石けんを作れますが、高温で焚き込むことで、オイルが持っている成分が変化してしまいます。一緒にできたグリセリンは化粧品原料として取り除かれます。

一方、コールドプロセス製法はオイルを溶かすために少し熱を加えるだけなので、低温でゆっくりと化学反応が起こり、約1ヶ月の時間をかけてゆっくりゆっくり石けんになります。

時間はかかりますが、肌に良いとされるオイルの成分が熱で変化することなく、保湿成分のグリセリンとともにそのまま石けんに残ります。また、苛性ソーダが残らないようにオイルの配合を多めにしているため、オイル成分をたっぷり含んだ贅沢な石けんになります。

苛性ソーダは劇物で取り扱いに注意が必要な薬品です。正しく安全な方法を学んで石けん作りを楽しみましょう。

お家で石けんを作ろう

用意するもの

石けん作りは準備が大切!作業の前に必要なものをすべて揃えて始めましょう。心と時間の余裕も大切です。

【道具】
キッチンスケール
温度計
ボウル
ゴムべら
スプーン
モールド(型)
発砲スチロール(保温箱)
タオル
プチプチ
【身支度】
エプロン
マスク
めがね
ゴム手袋
【材料】
マルセイユ石けんの場合
オリーブ油…180g
パーム核油…50g
パーム油…20g
苛性ソーダ…32g
精製水…75g

モールドは牛乳パックチップスターの空き箱で代用できます。

石けんの作り方

石けんの作り方はとっても簡単。苛性ソーダの取り扱いに注意し、計量さえ間違えなければ石けんはできます。
よりよい石けんを作るにはそれぞれの手順にちょっとしたコツがあります。詳しくは教室でお伝えします☆

1.混合オイルを作る 計量したオイルをボウルに入れて湯せんで溶かします。オイルが透き通ってきたら温度計を入れて40度~45度ぐらいに合わせます。
2.苛性ソーダ水を作る 精製水を入れた容器に苛性ソーダを入れてスプーンでかき混ぜながら透明になるまで溶かします。温度計を入れて40度~45度ぐらいに合わせます。
3.混ぜる オイルに苛性ソーダ水を加えて混ぜます。最初の20分は休まず混ぜ続けます。その後は生地の様子を見ながら時々かき混ぜ、泡だて器で生地に跡がつくくらいになればOKです。
4.型に流し込む 型に流し込みます。ゴムべらで生地をすべて流し込みます。表面を平らにならしてラップで覆います。
5.保温する 生地の温度が下がらないように、タオルとプチプチで覆い保温箱にいれて24時間以上保温します。生地が冷たくなったら保温箱から出してさらに1日~3日置きます。
6.乾燥・熟成 生地が固まったら、型から取り出し切り分けます。石けん同士がくっつかないように間隔をあけて並べ、日の当らない風通しの良い場所で1ヶ月乾燥・熟成します。
7.完成 石けんが完全に乾燥したらできあがりです。切り分けてから1ヶ月で使用できますが、長く熟成するとよりマイルドな使用感になります。

教室で使うオイルの種類と特徴

オリーブ油

オリーブの果実から抽出したオイルです。肌をしっとりさせるオレイン酸を豊富に含み、洗浄力もあるので石けん作りでは優等生のオイルです。オリーブオイル100%で作ったキャスティール石けん、オイル全体の72%をオリーブオイルで作るマルセイユ石けんが有名です。

パーム核油

油ヤシの種子から抽出したオイルです。泡立ちをよくするラウリン酸を多く含みます。同じくラウリン酸を多く含むココナッツ油に比べ、肌に刺激を与えるカプリル酸、カプリン酸が少なめです。

パーム油

油ヤシの果肉から抽出したオイルです。石けんの硬さをだすパルミチン酸を多く含みます。

レッドパーム油

パーム油と同じく油ヤシの果肉から抽出したオイルです。βカロテンが含まれているので、きれいなオレンジ色の石けんになります。

スイートアーモンド油

アーモンドの実から抽出したオイルです。オレイン酸を多く含み、肌のなじみがよくきめ細かな泡立ちの上品な石けんになります。

マカダミアナッツ油

マカダミアナッツの実から抽出したオイルです。皮膚組織と同じパルミトレイン酸を含んでいるので、シミやしわなど老化による皮膚の再生を助けます。石けんにすると淡いピンク色でほんのりナッツの香りがします。

ひまし油(カスター油)

トウゴマの種から抽出したオイルです。リシノール酸を豊富に含み、少し配合すると豊かな泡立ちの石けんになります。

ハイオレイックひまわり油
ひまわりの種子から抽出したオイルです。ハイオレイックひまわり油は主成分をオレイン酸に品種改良したひまわりから抽出したオイルになります。毛髪の保護、髪をしなやかにするのでシャンプーバー向きの石けんになります。

米ぬか油

米ぬかから抽出したオイルです。主成分がオレイン酸とリノール酸で、しっとりしつつもさっぱり感のある石けんになります。皮膚の炎症を抑えるリノレン酸も含んでいます。

ごま油(セサミ油)

ゴマから抽出したオイルです。食卓で使う茶色のゴマ油ではなく、無色透明で香りの少ない太白胡麻油を使います。主成分がオレイン酸とリノール酸でしっとりしつつもさっぱり感のある石けんになります。

アボカド油

アボカドの実から抽出したオイルです。オレイン酸を多く含み、肌の炎症を抑えるリノレン酸を含んでいます。きれいな緑色の石けんになり、敏感肌の方やベビー石けんとして人気があります。

ウィートジャーム油(小麦胚芽油)

小麦から抽出したオイルです。抗酸化剤であるビタミンEを豊富に含んでいます。酸化が気になるレシピでは天然の酸化防止剤として配合します。

教室で使うハーブの種類と特徴

カレンデュラ

オイルやクリームでも美容効果が高いカレンデュラ。皮膚や粘膜の修復、抗真菌、抗菌作用があります。オレンジ色の花弁は石けんに入れてもそのまま色が残り、アルカリにも強いハーブです。

カモミールジャーマン

ハーブティーとしてなじみが深いカモミール。乾燥肌、肌荒れ、皮膚炎などに効果があるといわれています。

ローズマリー

「若返りのハーブ」と呼ばれ、ハンガリーウォーターの化粧水としても有名なローズマリー。血行促進と強力な抗酸化成分があり、石けんの酸化防止にもなります。

ローズヒップ

ビタミンCを豊富に含み高い美容効果をもつローズヒップ。シミ、しわ、肌荒れなどの皮膚の修復に効果があるといわれています。

マテ

カルシウム、鉄分、ビタミンを豊富に含み、「飲むサラダ」といわれるマテ茶。オーガニックグリーンマテ茶を使っています。

ハイビスカス

クエン酸などの食物酸やミネラルを含んだハイビスカス。ティーにするときれいなワイン色になります。ローズヒップと合わせた抽出油で作った石けんは美容効果が期待できます。

ローズレッドペダル

薔薇の花の香り。ローズヒップ、ハイビスカスと合わせた抽出油で作った石けんは美容効果が期待できます。

ショッピングサイトはじめました

犬の石けんマイスターが作る無添加石けん

大磯町地場屋ほっこりdeワークショップ

自宅教室・レッスンメニュー

交通アクセス

  • 〒259-0111
    神奈川県中郡大磯町国府本郷1077-23
    駐車スペース1台有り
  • TEL.0463-73-3869
  • 大磯駅よりバス15分
    「馬場公園」下車、徒歩3分
  • 大磯駅よりバス15分
    大磯プリンスホテル入口下車、徒歩7分

交通アクセスの詳細はこちら

営業日

ご予約可能なお時間

時間
午前××
午後×××
先頭に戻る